子供保険と保険乗り換えいろいろ

子供保険と保険乗り換えいろいろ

子供保険はこども保険とも言います。
生命保険会社で販売されている保険商品の一つで、子供が産まれてたらすぐに加入する方が多い保険です。
子供にこれからかかる学費や、親に万が一の事があった場合の備えなどに活用される保険です。
最近では大学に行くのは普通という考えがありますので、子供を大学まで行かせられるように備えて置かなければなりません。
学部によって多少の違いはあるものの、小学校・中学校・高校。
・大学へと、入学金だけでも数百万円必要になります。
300万円前後が目安と言われていますのが簡単に集まる金額ではありません。
子供保険は幼稚園入園時や小学校入学時などに祝い金が受取れるシステムになっているのが殆どです。
子供保険の満期は通常12歳・15歳・18歳・22歳で選択する事ができます。
保険料の算出には加入時の年齢と保険期間で決められますので、早ければ早いほど毎月の保険料は安く設定する事ができます。
別プランとして育英年金をプラスする事ができますが、他の保険でカバー出来ている場合には育英年金は不必要となります。
保険契約者である保護者の方の生命保険の内容がちゃんと希望するプランで作成されている場合には、子供保険に無駄な特約などは必要ないので、貯蓄性を優先させた子供保険1本あれば十分です。
ある一定期間になると支払われる祝い金が不必要な場合にはそのまま使わずに保険内で寝かせて置くと後々有効に利用できる時がくるでしょう。

レーシック手術は保険は適応する?

最近は安全性も高くなり、レーシック手術を受ける人が増えてきたのですが、どれくらいの費用が必要なのか知っている人は意外に少ないです。

 

●レーシック手術は保険は適応する?

 

手術を受けるとなると、かなりの費用が必要になりますので、保険を使って安くしてもらおうと考えている人もいるかもしれません。
ですが、レーシック手術は自由診療なので、保険が効かず、全額自己負担となってしまいます。
レーシック手術が自由診療になる理由としては、美容整形や歯科矯正と同じで、病気を治療するためではないからです。
ちなみに、医療費が10万円を超える金額になった場合、医療控除の対象になりますので、確定申告の時に申し込みをすれば、税金の還付を受けられるかもしれません。

 

●生命保険を活用する

 

レーシックの手術を受ける場合、生命保険が手術給付金の対象になっている事があります。
既に生命保険に加入しているという人は、レーシック手術の手術給付金が受け取れるのでしたら、保険が効かなくても、生命保険を利用すれば、費用を安くすることができます。

 

ただ、レーシックの手術を受けるために生命保険に加入し、それを利用しようとした場合、契約を解除されてしまうケースがありますので注意してください。
また、生命保険の中には、加入してから2年以内の手術は保険の対象外とされる場合もありますので、よく読んでから生命保険に加入しましょう。
最近は審査が厳しくなっている傾向にありますので、既に生命保険に加入していた人がこの方法を活用する事をお勧めします。
もっと詳しいレーシックサイト⇒ レーシック大阪人気病院ランキング

更新履歴